About

<告知>

すでにご存知のように、去る11月28日に、大航海時代Online運営サイトより、「海外不正アクセス」として、337件の資格取り消し処分が発表されました。

RMT対策になれるのなら問題ないものの、実際RMTへの打撃より、大航海時代を愛し、またDOLを愛してやまない海外の善良なプレイヤーの方々ばかりが 処分された事態になってしまいました。また、少なくとも2人の日本在住の我々の仲間のプレイヤーが、運営サイトの誤認で、同じ処分を受けてしまいました。

つきましては、我々はrescue会議(=DOL全鯖海外プレイヤー連合会)を成立し、また、日本在住の協力者を含めて、「海外の友を救う会」として、名乗ることに決めました。

さて、我がrescue会議は、さる11月30日から12月1日にかけて、全鯖海外プレイヤー代表で会合を開きました。このフォーラムの中に書いてある数々の極論も含め、熱烈な討論がなされた上、総意として、以下の方針について決めたことを公表いたします。

1.海外プレイヤーの総意と して、「規約違反である海外でのソフトウェア使用」に関しては、深くお詫びをした上で、今回の資格取り消し処分について、今まで運営サイトが不在マクロを 含めた処分と同様に、初犯として「警告」または「一定期間の資格停止」に留めていただけるよう、運営サイトに要望して参ります。

2.資格停止期間が過ぎた後の海外からのアクセス、海外でのソフトウェア使用に関して、条件付も含めた規制緩和を求めるよう、日本在住のプレイヤーの方々を中心にお願いをして、運営サイトに働きかけていただきたく存じます。

3.コーエー運営サイトの今回の理不尽な無警告処分に対して、国民生活センター、他の消費者団体及び法律の専門家への相談と必要となる処置については、引き続き、運営サイト・日本在住のプレイヤーへの謝罪と平行に、行って参ります。

以上です。