コーエーのやることは相変わらず杜撰

11月28日の事件において、コーエーが処分したのは、商会単位のユーザーであり、リスボンの華人商会しか処分されておらず、またその中に、明らかに日本在住にも関わらず、巻き込まれて処分された2人も含まれている。

もちろん、現在に至り、運営サイトはこの2人、そしてこの2人の相談に応じて運営サイトに連絡した消費生活センターの人に対して、完全無視を貫いてきている。 

E鯖、Z鯖でも、現在無傷の非RMT海外接続商会が存続している。コーエーのやることの杜撰さを感じられていた。さらに、その後判明したことは、「アカウント資格利用停止」されたにも関わらず、「Cruz del Sur」へのアップグレートができるということが判明して、コーエーの管理体制が杜撰であり、またその杜撰さから、他社とは違いRMTなどに関する「ユーザー通報」に対して

「※RMTに対する取り組みは、当社が独自に行っておりますので、プレイヤーのみなさまからご報告等をいただく必要はございません。」

 といった文言で、誤魔化して門前払いをする必要があったことについて、確信が持てた。

2007年12月5日よりβサービスを開始した@Webサービスについて、本年1月16日から一般開放され、当事者の方にやってもらったところ、なんと、「アカウント資格停止」されたにも関わらず、普通にログインできるところか、副官を鍛えたり、副官のボーナス日数が加算されることを判明した。

以前、 Windows版のウイニングポスト7の認証サーバーで、正規ユーザーがプレイできなかったなどのトラブルから、「コーエーは製品のクオリティを上げずに不正ユーザーを排除する事しか考えていない」という批判は、全く生かされていないことが明らかになったわけだ。

民間企業でありながら、ユーザーに対してこのようなサービス態度を取られるとは、愕然することばかりである。

Post a Comment

You must be logged in to post a comment.