コーエーとテクモが合併するのに際して

すでに皆様がご存知のように、2009年4月1日より、株式会社コーエー(登記社名 光栄、KOEI CO. ,LTD. , 日本光榮株式會社, 東証1部9654)とテクモ株式会社(TECMO,LTD. 東証1部9650)が持ち株会社であるコーエーテクモホールディングス(株)(TECMO KOEI HOLDINGS CO.,LTD. 東証1部3635、2009年3月2日に上場承認)を設立し、それぞれコーエーテクモホールディングス株式会社の完全子会社になる予定です。

▽本社=〒223-8503  横浜市港北区箕輪町1-18-12

▽社長=松原健二氏

▽資本金=150億円

▽上場日=4月1日

本Rescue会議との訴訟手続き(裁判)は、完全子会社になるコーエー及び松原健二社長が被告のまま、引き継がれる予定です。

————————————————————————————————————–

<日本光榮股份有限公司與TECMO公司4月1日合併之後>

相信各位已經知道, 日本光榮公司(株式会社コーエー, 光栄, 日本光荣, KOEI CO.,LTD. 東京證券市場第一部 <9654.T>)與日本TECMO股份有限公司(テクモ株式会社, TECMO, LTD. 東京證券市場第一部 <9650.T>)將於2009年4月1日成立「KOEI TECMO共同控股公司(コーエーテクモホールディングス株式会社, TECMO KOEI HOLDINGS CO.,LTD. 東京證券市場第一部 <3635.T>)」, 並於2009年3月2日正式得到東京證券市場的承認. 光榮公司與TECMO公司都將成為KOEI TECMO共同控股公司的分公司(完全子公司).

而本會的法律程序(訴訟官司), 將會以成為分公司的光榮公司本身, 以及松原健二社長為被告繼續的進行.

Post a Comment

You must be logged in to post a comment.