Daily Archives: December 2nd, 2007

「この度の騒ぎに対するお詫びと声明」

拝啓我々大航海時代Onlineにおける海外プレイヤー一同は、自分たちの『日本国内での使用』に関する規約に違反していたことを深く反省し、株式会社コー エー、大航海時代Online運営サイト及び関係の皆様、日本在住の支援者の方々に、深くお詫びを申し上げたいと考えます。我々が規約違反をしたのは明らかであり、また、常識的に「知らなかった」といって許していただける問題ではないことも承知しております。ですから、違反をしたことに対して、処罰を受けるのは当然であり、また甘んじて受け入れたく存じます。ただ、私たちの多くは、大航海時代Onlineのオープンβテスト当時から、このゲームに参加させていただきました。大航海時代Onlineに対する感情、愛着は、決して日本在住の方々と比べて、劣るものではないことは胸を張って、申し上げられます。 というわけで、我々にとって、大好きな大航海時代Onlineを、今回のまるで『罪人』のような終わり方は、何としても避けたいと存じます。ご温情を承れますよう、大航海時代Online運営サイト及び関係者の皆様に、お願い申し上げたく存じます。 運営サイトは、不正マクロをはじめ、今まで数々の不正に対して、処分を行ってこられました。しかし、その殆どが『1回目の違反で警告』、『2回目の違反 で一定期間の資格停止』、3回目では『アカウント資格取り消し』」になっております。我々は、今回の件に関して、本当に警告すら受けておりません。また、 日本語の規約書が読めず、規約の存在自体知らない仲間も大勢おります。「初犯」であることを何卒ご勘案の上、処分について、情状酌量をいただき、「一定の 期間の資格停止処分」に留めていただけるよう、お願い申し上げる次第でございます。 もちろん、資格停止が解除されても、我々は、規約の緩和や改正がなされるまでに、決して2度と海外のIPアドレスからアクセスしないことをお約束いたします。 できれば、運営サイトにも、何卒数多くの当事者、支援者から、ご指摘させていただいた「海外IPアドレスからのアカウント登録や海外クレジットカードを 含めた課金ができる体制であった問題を長期にわたって放置してきた」ことについて、きちんとご対応、また見直していただけますよう、お願い申し上げます。 なお、我々の仲間の中で、2人は明らかに日本に在住し、日本でサーバーにアクセスしていたのにも関わらず、今回の事件に巻き込まれ、アカウント 資格取消し処分を受けてしまいました。彼らがすでに数度にわたり、御社サポートセンターへお問い合わせをしたのでございますが、すべて門前払いされている 現状でございます。我々とは違い、彼らは御社の規約に、何ら違反しておらず、何卒ご対応いただけますよう、お願い申し上げます。 以上です。多大なご心配、ご迷惑をかけながら、大変あつかましいお願いであることと存じますが、何卒、温情あるご対応を、重ねてお願い申し上げる次第でございます。 もしいつか、大航海時代Onlineの利用規約で、「日本国内」の制限が緩和されれば、その時に是非にまた皆様とゲーム内で、交流をして参りたいと存じます。 敬具 Rescue会議(全サーバー海外プレイヤー連合会) <皆さんへの呼びかけ&お願い!!>これからは、支援者の皆様には、私たちの「処分の情状酌量」と「今後の海外IPアドレス接続への規制緩和」に対して、以下の方法で、ご協力いただきたく存じます:(1) ブログ、公式BBSなどのインターネットコンテンツで宣伝していただく。 (2) 電子メールでコーエーサポートセンターへ 送る。(無視されるのかもしれませんが) (3) 皆様が書かれた嘆願書を直接に下記のあて先に郵送する。(もし6通が多すぎるのであれば、送るべきと思った宛先にのみ、お送りください) 〒223-8503 神奈川県横浜市港北区箕輪町1-18-12 TEL: +81-45-561-6888株式会社コーエー 代表取締役執行役員社長COO 前大航海時代 Onlineプロデューサー 松原健二 様  株式会社コーエー 代表取締役執行役員会長CEO 伊従勝 様 株式会社コーエー ファウンダー取締役最高顧問 襟川陽一 様  株式会社コーエー ファウンダー取締役名誉会長 襟川恵子 様 株式会社コーエー 「大航海時代 Online」運営プロデューサー 渥美貴史様 株式会社コーエー 「大航海時代 Online」開発ディレクター 竹田智一様 株式会社コーエー 「大航海時代 Online」運営サイト 担当方〒223-0061 神奈川県横浜市港北区日吉二丁目7番6号 株式会社 光優 代表取締役社長 襟川陽一 様 株式会社 光優 代表取締役専務 襟川恵子 様 また、上記の段階が落ち着いた頃には、コーエーが横浜にある本社ビルに、直談判・請願に赴くことを考えております。もし、その時になれば、是非多くの日本の支援者のご参加を呼びかけたいと思います。是非一人でも多くのご参加を承れますよう、お願い申し上げます。 私たち自身も、皆様と平行して、他に種々な働きかけ及び請願を行って参る所存です。何卒貴重なお力をお貸しいただけますよう、お願い申し上げます。 「ただし!!活動に際して、決して他のプレイヤーなどに迷惑にならないようにして下さいますよう、お願い申し上げます!!」

<告知>

<告知> すでにご存知のように、去る11月28日に、大航海時代Online運営サイトより、「海外不正アクセス」として、337件の資格取り消し処分が発表されました。 RMT対策になれるのなら問題ないものの、実際RMTへの打撃より、大航海時代を愛し、またDOLを愛してやまない海外の善良なプレイヤーの方々ばかりが 処分された事態になってしまいました。また、少なくとも2人の日本在住の我々の仲間のプレイヤーが、運営サイトの誤認で、同じ処分を受けてしまいました。 つきましては、我々はrescue会議(=DOL全鯖海外プレイヤー連合会)を成立し、また、日本在住の協力者を含めて、「海外の友を救う会」として、名乗ることに決めました。 さて、我がrescue会議は、さる11月30日から12月1日にかけて、全鯖海外プレイヤー代表で会合を開きました。このフォーラムの中に書いてある数々の極論も含め、熱烈な討論がなされた上、総意として、以下の方針について決めたことを公表いたします。 1.海外プレイヤーの総意と して、「規約違反である海外でのソフトウェア使用」に関しては、深くお詫びをした上で、今回の資格取り消し処分について、今まで運営サイトが不在マクロを 含めた処分と同様に、初犯として「警告」または「一定期間の資格停止」に留めていただけるよう、運営サイトに要望して参ります。 2.資格停止期間が過ぎた後の海外からのアクセス、海外でのソフトウェア使用に関して、条件付も含めた規制緩和を求めるよう、日本在住のプレイヤーの方々を中心にお願いをして、運営サイトに働きかけていただきたく存じます。 3.コーエー運営サイトの今回の理不尽な無警告処分に対して、国民生活センター、他の消費者団体及び法律の専門家への相談と必要となる処置については、引き続き、運営サイト・日本在住のプレイヤーへの謝罪と平行に、行って参ります。 以上です。